猫と暮らす

ARTICLE PAGE

北京で夜食

旅行
  • comment-
  • trackback0

19800円激安北京旅行記続きます。



だいたい20人くらいのツアーだったでしょうか。
毎食10人で円卓を囲んでグルグル回しながら食べます。


正直、知らない人と話しながらごはんは面倒だ~、と思っていましたが、
ご年配のご夫婦、ファミリー、父娘、母息子、等々いろいろなグループの方達がいて、
これまで行った旅行の話なんかをしたりして、とても和やかな空気。
普段接すること無い様な人たちと話せて、意外に楽しい時間でした。




ごはんも全く期待してなかったけど、普通においしかったのです。
北京ダック↓
2015 03 10_1003jpg





ホテル外観
2015 03 10_0917jpg







広くてきれい。この値段で満足。
2015 03 10_1032jpg






現地ガイドさんにバスで観光地も食事のレストランも連れて行ってもらい、とても楽チン。




が、




なにか物足りない・・・





やっぱり、自分の足で動いて、話して、その国の空気感じたいよね。






ということで、レストランでツアーのみんなと夕飯食べた後に、
ホテルの周りを友達とウロウロすることに。


本当はタクシーでどこか行きたかったけど、
ガイドさんから北京は治安は悪くないけど、
夜はタクシー走っていなくて帰れなくなるからダメよ!
と言われていたので近場で。
マッサージのお店か、軽く飲んで食べられるお店を探してみよう。





むむ、早速飲食店を発見!
2015 03 10_0919jpg







飲茶のお店。まずはレジで注文と会計を済ませます。
中国語しか通じないけど、漢字表記だからなんとか注文完了。
2015 03 10_0924jpg






肉まんみたいなもの6コで3元(約60円)。
きゅうりのお漬物みたいなもの(店員のお姉さんオススメ)、8元(約160円)。
肉まんよりきゅうりの方が大分高い(笑)??
2015 03 10_0933jpg





そして、ビールは常温、いや、すこしあたたかいくらいでした・・・(^_^;)
ぬる燗ビール初体験。
これも旅の醍醐味ってものです。






肉まんをホテルに持ち帰りたいということも、ジェスチャーで必死に説明。
厨房からも人が出てきて、みんなで真剣に考えてくれる。
伝わったときは、思わず店員さんと握手(笑)。






そして、ホテルへの帰り際に、またいい感じのお店を見つけてしまう。
2015 03 10_0934jpg






北京は羊がおいしいとガイドさんが話していたので、羊料理をオーダー。
ここも中国語しか通じなかったけど漢字で「羊」って書いたら通じました\(^o^)/。
2015 03 10_0944jpg
ピリ辛のしっかりした味付けで美味しかった♪






ウェイトレスさん達。
カメラを向けると恥ずかしがるんだけど、
撮った後は「見せてー」とカメラの画面を覗きに来るのです(笑)。
素朴でかわいい子達だったなぁ(*^_^*)。
2015 03 10_1117_edited-1jpg







ホテルに帰るまでに、あともう一軒ラーメン屋らしきお店があったんだけど、
看板に「排骨麺 」と書いてあって、
ううう、ここから揚げ物+炭水化物はちょっときついのでは・・・
と、断念しました。

友人は「私たち意気地なしだったね。」と言って(笑)、後悔しておりました。
ほんとだよね、私もそう思う。
あー、食べておけばよかった。。。
心残りです(笑)。





ちくわの食いしん坊は、こんな私に似てしまったのかしら・・・?





一口だけアイスをペロンとなめさせてあげようと思ったら、






いきなりかぶりついてきて、あせりました。
2015 03 12_1240jpg








ありがとうございました。

コメント閉めますね。
ランキングに参加しています<(_ _)>↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村